2018年09月29日

朝の連続テレビ小説「半分、青い。」は、半分、私?

終わってから書こうと思っていたので久々のブログ。(要は長文)


「半分、青い」はあらすじが公開された時に、あら?これ「半分、私?」と思っていました。その当時のあらすじが今はちょっとどこにも見当たらないんだけど


最初は、漫画家を目指し岐阜から上京、漫画家になるも挫折、シングルマザーになって帰郷、その後、七転び八起きしながら、やがて一大発明を・・的なあらすじが書いてあったんですよ。


ちなみに、私が好きな朝ドラトップ3は

あまちゃん(DVDボックス他関連本買った、買った。)
カーネーション(糸子が尾野真千子さんとこまで録画。周防さんLOVE。DVDが2と3で周防さんマタギなので録画どまり。でもお話も登場人物もみんな好き。)
ごちそうさん(本放送も見てたけど、再放送見てからDVDボックス買った。)

です。あ、あと、てるてる家族。再放送が初見だけど。

で、Twitterではツッコミながら見てるので(ツッコまない時は真剣に見てる)
ツッコミ度が高いのは

まれ 1748ツイート
半分青い 1413ツイート
とと姉ちゃん 1356ツイート

はあ?度が高いほどツッコんでます。(なので半青ファンの方はブラウザを閉じてね。)

でも、ツッコミ過ぎると、純粋なそのドラマファンから、明後日の方向のリプライを食らうので(まれの時が怖かった。)、ファンの方を刺激し過ぎないツッコミをとと姉ちゃんと半分青いで習得しました。

Twitterでツッコミだしたのは、ごちそうさんぐらいからです。


で、そうじゃなくて本題。

なんで、半分、私?と思ったかというと…つづき(長いよ )
posted by ひま at 08:45| 東京 ☁| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月17日

ドラマ「それでも、生きてゆく」

ということで、夏のドラマは
始まる前に、重そうだけど、面白そうと思った
「それでも、生きてゆく」だけを
最初から最後までちゃんと見た。


公式サイト
フジテレビの公式サイトは1年ぐらいで、クローズしちゃうんだな。

で、

15年前、中2だった時に
小1だった妹を友達に、殺された洋貴(瑛太)と
その犯人・文哉の妹(当時は小5)双葉(満島ひかり)のお話。


重たいは重たいんだけど
淡々と丁寧に描かれているので
ズーーーンと暗くなることはなく
どちらかというと、たまに微笑ましいシーンもあったりした。
(特に二人のやりとりが)


内容が内容だけに
メッセージ性が強いということはなく、
見ているこちらも一緒にその人その人の気持ちに触れて
なんか、心に響いた物語だった。





…つづき(最終回までの感想を書いてます。)
posted by ひま at 00:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月25日

ドラマ「名前をなくした女神」

久々に毎週楽しみにしていたドラマ。

公式サイト

始まる前は、「泣かないと決めた日」と同じスタッフ
(といっても、脚本と企画だけ?)ということもあり
今度はママ友ですか!杏ちゃんがいじめられる側かーと
思ったけど(あとはお受験殺人事件を思い出したり)

1回目を見て、基本ありえない展開に
回りの人に見て見てーーーーー!とDVD-Rまで貸した私。
(その後、職場かわっちゃったので、見てないだろうなー)

見てる人と話せば、怖いよね〜〜〜〜!と話す話す。

とくに倉科カナさん演じる・羅羅ちゃんママは
それ犯罪ですからーー!行動も多いので、突っ込みどころが多かったけど

木村佳乃さん演じる彩香ちゃんママは、最初は
お金持ちでとても嫌な感じだったけど、後半改心するというか
(このあたりの展開が「泣かないと決めた日」と同じ)
とくに先生への淡い気持ちを終わらせるあたりは、結婚もしてないけど
キュンとしました。

あとは、子役が全員可愛かった。

ママ友って怖い〜〜〜ってことで、少子化が進んだらどうする?と思ったけど
子どもを思う気持ちや、子どもが親を思う気持ちとか
とても丁寧に描かれていたと思う。

育てたように子は育つんだなー。


次のクールで楽しみにしてるのは
「それでも、生きてゆく」
公式サイト

すげー暗そう。

重松清(「疾走」)か東野圭吾(「手紙」)かって感じ。





posted by ひま at 19:41| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月15日

ゲームソフトのCM

が、いいなー
というか好きだ。

ちょっと前にやっていた
メタルギアソリッド ピースウォーカーのCMも良かった。

メタルギアソリッド ピースウォーカー公式サイト

CMがみられるサイト
http://remoon.blog15.fc2.com/blog-entry-12154.html

最近いいのは、スーパーマリオ25周年のCM

私はファミコン世代ではないけれども
(あと例えその世代であっても、多分家にゲーム機はなかったろうなー的家庭)
あの、ゲームカセットを、フーッてやるところは
なんか好きだ。

と、思ったら、まさにファミコン世代の人が
感動していた。
http://n-styles.com/main/archives/2010/09/14-070000.php

やってなかったけど、わかる気がする。
いや、やってなかったんだけど。

作ったのも、その世代なんだろうなー。

25周年サイトでは動画で見れます。(が小さい)
多分、YouTubeとかで普通にあがってそう

この中の、宮本さんと糸井さんの対談はいいです。
サラリーマンクリエイターは読むべし。

posted by ひま at 22:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月10日

ドラマ「泣かないと決めた日」

予告を見たときから、え!!社会人でいじめドラマ!!
という驚きとともに、いろんな意味ですげー楽しみにしていたドラマ。

まずありえないづくしで始まる。

とある大手商社の海外食品本部、イタリア食品部門の
食品チーム、わずか7人のチーム全員にいじめられてしまう
新入社員の榮倉奈々扮する美樹。

なんだけど、入社日にいきなり配属されてるよ!
大手なのに!
研修しないの?
せめて1週間後じゃないの?

ところで総合職なの?一般職なの?
制服着てるから(半そでだよ)一般職?
自分のミスを新人のせいにしてるよ。
みんな、新人いじめに夢中で仕事してないよ!

でも、これら以上にありえなかったのが
杏扮する同期でワインチームに配属になった万里香。
あんたのやったこと殺人未遂ですからーーーーー!!

で、全くのノンフィクションで楽しめます。

もちろん、いじめっ子な人たちはそれぞれ
ばらせば、確かに実社会にいるよねーーーってキャラなんだけど
万里香はいないよね?
でもプチ万里香ぐらいはいるか。

情報操作系。

高校生のいじめドラマ(漫画)みたいに
途中から逆転するのかしら?

とりあえず、最後、溜飲が下る結末でありますように。


公式サイト
http://www.fujitv.co.jp/nakanai/index.html
ちなみに、サイトみないと有坂来瞳が派遣だなんてわからんよ。

posted by ひま at 00:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月27日

ドラマ「流星の絆」と「イノセント・ラブ」

月9の「イノセント・ラブ」のあらすじを読んだときに、すごい東野圭吾テイストだな〜と思ったら(脚本は「ラスト・フレンズ」の浅野妙子さんでオリジナル)、本家の東野圭吾原作の「流星の絆」はクドカンテイストが勝っていた。面白かった〜。

二宮くんのちょっとダメなお兄ちゃんがいい。3兄弟のかけあいといい、詐欺ドラマといい、どちらかというとコメディなのか?と思えてしまう。要潤は戸神成行役なのに、なんか二の線まっしぐらだし。

あ、私のブログにさえ、放映直後は「流星の絆 犯人」とか「ネタばれ」の検索ワードで来た人が多かった。

ちなみに、本読みましたが、犯人書いてません。でも小説だと、弟が目撃した男というのが、誰なのかものすごく気になるけど、ドラマだと目に見えてしまう分、先が読みやすいかも。

「イノセント・ラブ」は、ゆずの北川の演技がきついというのとなぜ?…というネット上の評判を見ていたので、覚悟して見ていたら、意外にも良かった。

北川さんは、あの笑顔が好きなんでしょう。(キャスティングした人が)カッコいいのではなく、笑顔。堀北真希ちゃん演じる佳音が惹かれるのもわかるよ!みたいな。

でも、ラスト・フレンズの時のようなグダグダの最終回になりませんように。

流星の絆
公式サイト
イノセント・ラブ
公式サイト
posted by ひま at 00:07| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月10日

DAKARAのCM

が好きです。

特に2番。

なんか解る。

って最近、送別会とかないんだけど。(いや、辞める人はいるけど、呼ばれるほど親しくない。)

大槻ケンヂが歌っていたってことにびっくりしました。

DAKARAのサイト
posted by ひま at 23:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月17日

ストロベリー・オンザ・ショートケーキ

ISSYのブログで(ISSYとはあいのりに出ていた人です。)昨日の深夜から再放送をすると知ったので、ついつい見る。

窪塚くんが懐かしい。この頃の窪塚くんが一番好きです。あ、これの前にやっていた「池袋ウエストゲートパーク」が一番好きだけど。

でも、本人はこういう(ストロベリーの方)キャラのイメージは嫌いなんだろうな〜。(線の細い、神経も繊細な男というか)頭丸めるくらいだし。

それにしてもTBSのドラマサイトはずっと残っているのね。

ストロベリー・オンザ・ショートケーキ公式サイト

池袋ウエストゲートパーク公式サイト

窪塚くんは、今年に入ってから事務所をやめてしまって、どうなってしまうんだろう?と思っていたけど、こうやって再放送されているのを見ると安心。

5月には映画が公開されるみたいですが、特攻隊モノのようです。(慎太郎が製作総指揮・脚本っつー。あ、でも主演が21世紀の裕次郎だから、石原軍団映画!?)

映画「俺は、君のためにこそ死ににいく」公式サイト





posted by ひま at 23:29| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月23日

月9「「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」

決まった時は、なんで月9?なんでもこみち?と100回ぐらい思ったけど、始まってみると、いい!

多分、普遍的なテーマだから?

あと脚本が、「1リットルの涙」の人だからか、とにかく泣ける。第3話は、嗚咽です。嗚咽。あそこで絶対、「ギザ10」がでてくると読めたのに、くは〜っ状態。

子役と倍賞さんと赤木さんがよくて、でも、もこみちも頑張っている。(ってえらそう)

あと、ドラマが始まる前、公式サイトでオカンへのメッセージを募集していて、それがポスターや公式サイトのオープニングで使われているんだけど、その中でも

「ごめんねと
ありがとうしか
いえません」

これって、ほんと、その通り。

公式サイト

ちなみに特別ドラマだった大泉洋版は、ちょうど父親の四十九日と重なっていたので、なんとなく見る気がしなくてビデオの中のまま。

月9が終わってから見ようかな。

自宅のネット(ADSL)が完全に使えない状態なのに、根性で携帯からアップしてみました。

(追記)
そして最終回まで見終えて思うのは…

原作のエピソードを本当に丁寧に使っていたのが良かった。もこみちまーくんは、月9に合っていて、純朴でちょっとだけダメな感じぐらいで良かった。

ケチをつけるとすれば、その時代にあるはずもない、六本木ヒルズとか高層ビルがいっぱい映っていたこと。消せばいいのにと何度も思った。それがテレビドラマの限界なのか?
posted by ひま at 22:26| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月05日

ドラマ「のだめカンタービレ」

サイコーです。

前クールと同じ漫画原作の「サプリ」が気の毒になってしまうぐらい。(「サプリ」は、漫画のキャラクターの名まえと広告代理店のCMプランナーという設定を借りただけの全くの別モノだった。漫画が面白いだけに…。)

「のだめ」は、設定とエピソードの順序が多少変えてあるけど、でも、それに違和感ないくらい(私が長年の漫画ファンじゃないからかもだけど)、むしろしっくりすっきり1話1話まとまっている。

衣装や美術だけでなく、プリごろ太のアニメーションまで、とにかく作りこみがすごい。作り手の愛を感じる。

あと、何より、漫画がわりと淡白な絵柄なので、主演の上野樹里ちゃんと玉木宏の方が、むしろ少女漫画チックなルックス。玉木宏のまつげは長すぎないか?エクステンションつけてませんか?っつーぐらい。

4話が良すぎて、ついついレビュー。漫画と違って、音が聞こえるのが良いです。

ドラマの公式サイトも、つくりが丁寧。


のだめオーケストラのCDも気になる〜というか予約してしまった。
posted by ひま at 10:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月21日

ドラマ「結婚できない男」

阿部寛の男39歳、建築家・桑野役がすごいはまっていたドラマ。(阿部ちゃんは42ぐらいらしーけど)今クール、ちゃんと見ていたのはこの1本だけでした。

顔はいいけど、性格が悪い。仕事はできるけど、人づきあいが下手。そんな桑野を取り囲む、結婚できない(しない)三十路女2人に若い女。

国仲涼子演じる若い女・みちるちゃんがこれまた、ぐさぐさ言いたいこと言うので(主に、夏川結衣演じるの女医・夏美に対して)、いっしょにぐさぐさ来てました。

そして、もう一人結婚しない女、高島礼子演じる(仕事が)出来る沢崎さんが、私の友達で結婚しないことを決めてる人と全く同じセリフを言っていたのになんだか感動。っていうくらいリアル。

あ、でも、もう一人結婚できない男、高知東生演じる金田もいい味出していた。

違った!!!このドラマの最大の見所は、パグのケンちゃんです。犬飼いたくなったくらい。

ドラマ公式サイト
サイトのつくりも記事も面白いです。

posted by ひま at 23:11| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月14日

ドラマ「時効警察」

テレ朝の夜ドラ。

オダギリジョーのだるい感じのコメディー。時効の成立した事件を趣味で捜査して解決していくというストーリーも脱力。(オダギリジョーは時効管理課にいる)なぜ、そんなことをしてるかといえば、それまで趣味がなかったから!

なんだかTBSの「ケイゾク」を彷彿とさせる感じ。

でも、力の抜け具合がいいかも。刑事課の無駄に熱い豊原功補もいい感じ。

公式サイトもいいです。予告ムービー音がでないところとか、脱力感たっぷりなのに、第一回が終わったあと、すごい勢いで更新されてるところとかもグー。
posted by ひま at 00:31| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月06日

ドラマ「古畑任三郎ファイナル」

いや〜、面白かったですね。(古畑調で)

とくに、第二夜のイチローの回は、マジ見してしまった。でもカプセルのトリックわからず。

第一夜はどんでん返しに普通にびっくり、第三夜は、古畑さんの恋(?)物語という意味では、面白かったかも。

田村さんの年齢を考えると(60超えてる)、もう定年だし、やっぱファイナルなんでしょー。

公式サイトに松嶋菜々子のインタビューがないのが不思議。これから?

公式サイト




posted by ひま at 22:46| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(2) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月20日

ドラマ「1リットルの涙」

最終回です。

結局、今クール、まじめに最後まで見たのはこれだけでした。

ジャニーズ錦戸くん演じる麻生くんの役は、原作にはない役です。実際にはできなかった恋愛をさせてあげたかったとお母さんがどこかで語っていたような。

そのせいか、終盤からちょっと扱いに困った感じもあったけど。(今日もあのまま看取るのかと思ったぐらい。)そのくせ最後には出てこない。

最悪の展開、亜湖ちゃんと結婚とかにならなくてよかった。さすがにそれはないか。

原作からは確かに勇気をもらえるのだけど、ドラマからはなんだろう?涙は確実。結構、反面教師的な、でも、いざその立場になったら取ってしまそうな態度の人間が多く出てきた。

そういった意味では、テレビのこちら側から見てるに過ぎなかったのかも。

ドラマの公式サイト
http://www.fujitv.co.jp/tears/index.html




posted by ひま at 22:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月11日

ドラマ「逃亡者 木島丈一郎」

「踊る」シリーズのスピンオフ企画として出来た「交渉人 真下正義」という映画に出てくる濃い〜キャラ木島丈一郎が主役の2時間ドラマ。

映画並みの力の入れようを感じました。

時間軸としては、「交渉人」の前のお話。ドラマのラストが「交渉人」につながって、見てない人も見たいと思わせるつくり。DVDが12月17日に発売!!商売上手!!

ストーリーは、事件を目撃した小六の男の子と木島さんの逃亡&友情ストーリーで、ちょっぴりホロリ。でも、山場のあの乱闘シーンは意味がわかりませんでした。(不必要な気が・・)

5万枚限定のプレミアムエディションにこの「逃亡者 木島丈一郎」収録されるそうです。



posted by ひま at 20:42| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(3) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする