2008年01月18日

藤田宜永「転々」

と、いうことで映画「転々」の原作小説。

借金取りから逃げている大学生・文哉に、百万円やるから東京散歩につきあえという借金取りの福原というシチュエーションといくつかのエピソードは映画のままだけど(逆か)、映画にはざっくり描かれなかったエピソードと結末があった。

小説は、映画には写真でちろっとだけ出てきた恋人・美鈴の話が半分以上を占めていたかも。でも、この部分も映画化したら全く違うトーンの映画になっていたかも。

小説は小説で映画は映画でそれぞれよかった。

小説の福原は三浦友和で全然オッケーだけど、文哉はオダギリジョーじゃないかも。あ、もうちょっと若い時のオダギリジョー。

そして、どちらも東京をがっつり歩きたくなる。


posted by ひま at 23:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「転々」 
Excerpt: 先日、ラスト数分 睡魔に襲われ、 結末を観ないままで終わった映画「転々」。 どうしても結末が気になって、原作本を購入。 ★映画「転々」の感想 http://ameblo.jp/tsu..
Weblog: 月灯りの舞
Tracked: 2008-03-06 11:55
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。