2013年02月24日

死にたがる人への対応

※うつ病等で希死念慮のある人への対応の話ではないです。


たとえば、母の場合、昔からぽっくりが希望で、今もたまに電話越しに言う。
まー、そんな時は、甥っ子(孫、今度、小学生)が、成人式まで大丈夫ちゃう?
とか
お母さんは、大きな病気も何もしないで、ぽっくり逝けるよ、大丈夫、大丈夫と、なんだろう?洗脳系で対応できる。
もしくは、私の方が先にボケるかもなとボケ対決をふっかけてみることもある。



…つづき(個人的な話ってこの記事自体がそうじゃないか)
posted by ひま at 10:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月10日

「芸人交換日記」〜リーディングシアター〜ピース編

140文字じゃ足りないのでブログで。

芸人だったら、ピースの又吉が好きな私。
(「フジ算」の又吉先生が好きだった。
好きといいつつ「ピカルの定理」はあまり見てないけど)

そんな又吉が、何やらリーディング?朗読劇なのか?ってことで
チケットを取ったら、前から二番目だった。ラッキー。(ミーハー)

だが、しかし、出るのは又吉だけかと思ったら、綾部もだった。
というか、出演者は、ピースと劇団イキウメの伊勢佳代さん。

そもそも「芸人交換日記」というタイトルで気づこう。
鈴木おさむの書いたお笑いコンビの小説だ。
広告で、いろんな芸人が号泣した!というのに、あまり興味を持てなくて
(もう、この手の煽りには、だまされないわよ。)
へぇ、ぐらいだったので。

舞台の左右にイスが置かれ(結構離れてる)
あいにく、私は綾部側だった。ついてない。

又吉は、テレビで見るまんまの又吉だったけど
やっぱカッコいいと思うんだけど!
猫背矯正ギプス入れれば完璧ですよ。
(猫背じゃなくなったら、又吉じゃないけど)

そんな話はおいておいて、舞台の内容は
なかなか売れないお笑いコンビ「イエローハーツ」の田中と甲本のお話。
(このネーミングもどうか)

30歳を機になんとかせねば!と、甲本が田中に交換日記をして
ここにこれからどうするか本音を書こうぜ!と持ちかけるところから始まる。
(あ、その前に、甲本の娘が田中に会いに行くというところから始まるんだった。)

甲本が綾部。田中が又吉。

書こうぜ!と綾部が熱く長く語った後に、
又吉が「いやです。」でもう大爆笑。

そして、綾部さん、きっと最初かなり緊張してたのか、
手とか微妙に震えてるのが、見えてこっちまで緊張。

朗読量も圧倒的に綾部の方が多いし、
きっと二人ともそんなに稽古時間取れなかったのかかみかみ。

でも、物語のクライマックスシーンになると
綾部も熱演でだいぶ泣いてるけど、会場のあちこちから、すんすん、ぐずぐず
果ては、えっぐえっぐと嗚咽まで聞こえて来る。

私は、なんかその世代を通り過ぎた世代だったから
夢をあきらめる理由は、わかるんだけど、ちょっとあまり共感できなかった。
(そのあたり、原作だとどうなんだろ?)
あと、展開が、こう来ましたか〜(もろ泣かせの設定というか)と
思ってしまったせいもあって、うんともすんとも。
でも、さすがにイキウメの伊勢さんの演技には、うるっと来たけど。

それよりも、エンディングのあと
ピースの二人が、イエローハーツの劇中ネタをやったんだけど、それに爆笑。
涙出た。

生でお笑い見るの、ほぼ初めてだったけど、面白かったー。
(二人のネタではないけど、やっぱりタイミングとかいろいろあるし
又吉は、綾部いてこその又吉だなー。キャサリンだとその良さが出てないような。
とかいいつつ、こっちは見ている。)

ところどころで流れてたフジファブリックの「若者のすべて」も、
内容にあっていて良かった。

今日の舞台の記事。
「かぶることがたくさんある」ピースの芸人交換日記
(お笑いナタリー)

原作
(買っちゃった)



映画化もされるみたい。
田中が伊藤淳史で、甲本が小出恵介、彼女役が長澤まさみ。
映画「ボクたちの交換日記」公式サイト

…つづき(原作を読みました。)
posted by ひま at 20:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする