2011年08月09日

リリーさんの舞台「クレイジーハニー」

世間的には、長澤まさみの初舞台。
本谷有希子 作・演出。

本谷さんの作品は、結構キてるって話を聞いたことがあるので
タイトルに、クレイジーとついてるし
そんな話かと思ったら、そういう話だった。

若い頃にもてはやされた作家は
その後、実体験を売りにしたものの、かなり落ちぶれて
今では、オカマのママとつるみ、
少ないファンの前でトークショーを繰り広げる。
その後、ファンと一緒に話して
「告白」という本を作ろうと企む編集者。

みたいなのが出だし。

作家がまさみで、ママがリリーさん。

リリーさんが、オカマ役だったので
あの、しぶいリリーさんの声は聞けなかったのは
ちょっと残念。でも、似合っていた。


本谷さんとまさみとリリーさんのインタビュー記事


…つづき(観た感想を書いてます。)
posted by ひま at 00:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月07日

羽海野チカ原画展

羽海野さんの原画展が池袋の西武ギャラリーで8月6日から始まったので
かなり年下の漫画ッコを誘って観に行く。

いや、萩尾せんせーの時は一人で全然平気だったんだけど
なんででしょー?(萩尾せんせーの時の感想はこちら

羽海野さんのは、なんとなく一人では、気後れしそうで
いい大人だし。

○歳になっても漫画読むなんて!とずっと言われ続けた
母のせい(呪い)でしょうか?
でも、母は妊娠中に漫画読んでたそうですが。
(まー里帰り中の姪っ子の漫画だったみたいだけど)

で、漫画ッコには、2種類いて
1つは、自分も描く人
もう1つは、読むだけの人

これは、原画展(漫画に限らず)で観てるとよくわかる。

前者は、絵に限りなく近づいていく。
どうやって描いたのかが知りたい。

後者は、普通に感想のみなのであった。

ってことで、原画に限りなく近づき
これは、もしかしてコピー?
カラーの線は色鉛筆で描いてるねー
ペンが細い。絶対筆圧がない。
絵の具はなんだろうねー、ガッシュかな。
カラーインクではないんだ
めちゃくちゃ切り張っている。

等々、漫画ッコ爆発で観て回った。
(私の方がオタクですが)

ちなみに、どの原画も本当に綺麗で
あと羽海野さんは、本当に絵が上手い人なんだなーと実感。
いやー、ほんとうらやましい。

絵が上手い下手は案外、天賦のもので
努力でまかない切れない部分もあるし。

背景の絵も、羽海野さんのタッチと変わらないように
見えるから、スタッフもすばらしーんだな。
(羽海野さん本人も描いてそう。)

私が最近ときに好きな「3月のライオン」の5巻の原画も
観られて満足。

ちなみにこれ。



あと、「ハチクロ」の番外編的ストーリーで
単行本に未収録の漫画がまるまる展示されてます。
(なんで収録しないんだろう?)

それが、8月12日までと13日までで
展示内容が変わるので、ファンの人は2回行くといいよ。

「3月のライオン」の公式サイト
(原画展へのリンクあり)

ちなみに、とても混んでます。
入るまでに30分ぐらいかかったかも。(3時頃)
(2日目で日曜日だったせいもあるかも)

で、入ってからも混んでます。

入ってすぐのいろんな作家さんからの色紙のコーナーは
すっ飛ばして、人の流れが途切れているところから
観て回るといいかも。(横入りではなく、途切れてるところから。
途切れてないところからだと、横入りになります、ご注意。)

割とコーナー化されているので(ハチクロの竹本くんコーナーとか
真山コーナーとか)順番に観なくて全然大丈夫。

ただ、その色紙コーナーと
資料コーナー(特にスケッチノート)は
近づけなかった。


あーでも、行って良かった。

posted by ひま at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月06日

夏なのでカレー「ダバインディア」

暑いのでカレー食べたい、カレーってことで
雑誌で見かけて気になっていた
東京駅の八重洲北口近くの「ダバインディア」へ


5時からオープンしてるということだけど
6時に行ったら、もうほぼ満席。
すごーい。

食べログ見ていても点数よかったしなー。

お店のサイト
食べログ

南インドのマハラジャあたりの料理らしーです。
カレーだけでない香辛料が効いた
初めて食べる料理多し。

野菜とチーズのタンドールに
ワダ

あとはマトンのカレーに
お魚カレー
どちらもそんなに辛くないものだけど
やっぱ辛いよ。でも美味しい。

だが、デザートは入らなかった。

もうデザイートは別腹じゃない。

ところで、デジカメ持ちはじめの頃は
写真撮りまくりだったけど(12年ぐらい前ですかね)
今は、写メもとらないです。

というか、一時期、デジカメを
何台も買った時期があったけど(一眼レフ含む)
あれは、なんだったんだろう?ストレスによる買い物か。

オリンパスPEN(EP-1です)は、持ち歩いてみたいけど
意外と重いので、軟弱な私には無理です。
(EOSKissも同じく)

でも、写真が趣味ですと言ってみたい自分もいるのであった。
posted by ひま at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月01日

映画「コクリコ坂から」

映画の日だったので、新宿のバルト9は、9割埋まっていた。
レディースデーでも、ガラガラな前の職場の近くの映画館が懐かしい!
(最低人数5人ぐらい。)


映画公開前に、金曜ロードショーでジブリ映画祭りをやっていて
宮崎吾朗監督第1作目「ゲド戦記」もやっていたけど
あれは、逆効果だったのでは?(でも、「コクリコ坂から」を見た人は
「ゲド戦記」はともかく!という感じの感想が多いような。)

私は「ゲド戦記」は映画館で観たけど
いじめだったのでは?と思うくらい完成度が低かった。
(私の感想はこちら
Wikiの記事も改めて読むとそうなのかーって感じ。


で、この映画(コクリコ坂から)が決まった時、また少女漫画原作でやるんだというのと
吾朗監督でやるんだと2重の驚き。
ふたをあければ、駿先生が、企画・脚本とな。

じゃあ、監督の仕事は、なんなんだろう?
やっぱ絵コンテ?絵コンテってことでいいのね。
ジブリ美術館に行った時も、駿先生の絵コンテがすごかったもんなー。

映画の公式サイト

…つづき(映画を見た感想あり)
posted by ひま at 23:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする